12/18(日)エディブル・シティ上映会@京都 開催

Why Food?「なぜ食が重要なのか」
食のあり方に一石を投じているPatagoniaで、食を考えてみる。
場所は、京都のど真ん中。都市に住まう人こそが、今立ち止まって考えるとき。

【都市を耕す〜 エディブル・シティ】
〜食は人々をつなげる。なぜなら誰もが食べるから
市民から始まる、新しい食のシステムの形

https://www.facebook.com/events/216356768775052/

日時:12月18日(日)
上映会:14:00〜15:00
鈴木栄里(バークレー在住/翻訳者)トーク&ダイアログ:15:00〜17:00
参加費:1000円 +α 「ビジョンファンド」へのご協力

会場:パタゴニア京都店
京都市下京区四条通立売東町23番地(四条通富小路東入北側)

お問い合わせ・お申し込み(いずれかの方法でお申し込みください)
■申込みフォーム(おすすめ)

https://docs.google.com/forms/d/1hhPCfAaPVjnnL-pRDf66UXSWVfwsJcjLRIh-7Se_mo4/edit

■Eメール  kazuyo.n@edibleschoolyard-japan.org
■電話  090−6553−6973(ニシムラ)

▼以下 EDIBLE MEDIA(翻訳・日本配給元)Web Siteより転載▼

舞台はサンフランシスコ、バークレー、オークランドの3都市。

「空き地で、食べ物を作れるんじゃない?」

経済格差の広がる社会状況を背景に、新鮮で安全な食を入手するのが困難な都市を舞台に
一部の市民が始めたアスファルトやコンクリートをガーデンに変えて行く活動。
それが共感を呼び、世界に大きなうねりを生んでいます。

「食が重要視されないなら 市民がその重要性を訴えるだけ」

「(社会の中で)問題は山積みだけど 食なら人々の力で変えられる」

そんな思いから、健康で栄養価の高い食べ物を手に入れるシステムを取り戻そうとさまざまな活動が生まれて行く。
そして、一人一人の活動がコミュニティを動かす力となり、社会に変化をもたらす。
卓越した草の根運動のプロセスを実感できるドキュメンタリーフィルム。

日本人にはまだ馴染みの薄い「食の砂漠」「食の正義」「食料主権」といった概念だが、
日本でもこどもの貧困、孤食など少しずつ社会問題として滲み出ている。
アメリカで広がりを見せている都市農園、コミュニティーガーデン、エディブル・エデュケーション(栽培から食卓まで全体をいのちの教育として位置づける食育)は、
都会生活に食と農のつながりを取り戻す可能性を感じさせてくれる。

食という、誰にとっても身近なテーマを通じて、
格差や貧困、犯罪、教育、政治、環境など、
関連するさまざまな領域にも、目を向けるきっかけとなる映画である。

予告編>http://edible-media.com/

rfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-sliderfwbs-slide